Home > その他 > SilverStone Fortress FT-02

SilverStone Fortress FT-02


SilverStoneロゴ

先日、自作PCを組んだ訳ですが、そのときのモチベーションの一つに、エアフローのあるモダンなPCケースによる静音化というのがありました。

優秀な静音ケースも、いくつかあるのですが、その中でも今回選んだSilverStoneのFortress FT-02は、静音ケースの極北に位置するケースの一つといえます。

FT-02の特徴は次の3つ。

  1. エアフローの向きが底面から上面への、上向きのフローになっている
  2. 底面に、180mmの大口径吸気ファンを3基実装。フロー量を確保
  3. 裏通し配線ができ、ケーブルによるエアフロー阻害を減少できる

それぞれ、説明していこう。

エアフローの向き

まず、1のエアフローの向きは、理に叶っています。
暖流の上昇方向へエアフローを流すようにして、逆らわず自然に流れるようになっています。
そのため、マザーボードの端子面が上面を向くよう、90度回転する向きになります。

配線完了の景色

右の写真は配線がすべて完了したところ。

端子が上面に並ぶようになっているのが分かります。

ビデオカード、CPUファン、電源など、いずれも大型パーツが入っていてもなお、内部空間は豊富に確保できます。

もちろん裏通しできるため、ケーブル類があまりPCケース内に出てこないようになっているのも一助あります。

180mmファンを3基搭載

底面には180mmファンが3基搭載されています。
このファンで、PCケース全体にまんべんなく送風できるようになっており、圧倒的な風量を確保しています。

FT-02は底面ファン用の、ファンコントローラを搭載していて、低速/高速回転を切り替えられます。よほどのハイエンド構成×オーバークロック構成でなければ、低速回転でOKでしょう。

底面の排気ファン

また、底面吸気の利点としてケース内に埃がたまりにくく、メンテナンスが楽になっています。

そして、引き出し式のフィルターがついていて、簡単に掃除できます。

こんな、見るからに掃除しやすそうなPCケースは、始めてみました。

裏通し配線って、地味だけどすごい

裏通しとは、配線をマザーボードの裏側で結線することで、基板実装面にケーブルが通らない利点が生まれます。

  1. パーツの実装がしやすい
    ケーブルが邪魔にならないので、パーツ実装がやりやすくなります。狭いPCケース内で、ごにょごにょしていると指を切ったり・・・という経験もありますが、そんな心配が軽減されます
  2. エアフローが確保される
    ケーブル1本なら大したことはありませんが、本数が増えると、特にパーツ密集域で、エアフローが重要なところほどケーブルも密集して、エアフローを阻害しがちです。裏通しなら、エアフローは最大限に保たれます
裏通し配線

あまりきれいじゃないですが、裏通ししてみました。

ケーブルの長さがフィットしていないのであまり気味ですが、これだけのケーブルをエアフローから逃せます。

ただし、裏通しには欠点もあります。

配線距離が伸びるので、添付品のケーブルでは長さが足りないケースが発生します。
特にFT-02では、ストレージまでの距離が長くなるので、要注意といえます。

SSD周り

ちなみに、このFT-02はSSD用の特殊なドライブマウントができるようになっています。

フロント5インチベイ横の隙間に、SSDが1基搭載できるようになっています。

起動用にSSDを1基搭載するコンフィグレーションをするケースが多いと思うので、これは嬉しい。

光学ドライブのマウントには気をつけて!

FT-02は筐体が大きく、スペースがゆったりと配置されているのですが、たった一つだけ、フロント5インチベイ周辺が窮屈な配置になっています。

FT-02のフロントには5基のスロットがありますが、この一番上のスロットには、長めのユニットは搭載できません。

光学ドライブのマウントは要注意

実際に画像で確認してもらうとわかりやすいでしょう。

Blu-rayドライブを、上から2番目のスロットに搭載していますが、ケース上面とギリギリのスペースしかありません。

Blu-rayドライブはLITEONのIHES208で、奥行きは178mmですが、一番上のスロットには、どうやっても搭載できません。(L字コネクタでも無理)

Blu-rayドライブは奥行きが長めなので、DVDドライブなら収まるかもしれませんが、ミリ単位の覚悟が必要ですね。

そんな覚悟をするくらいなら、一番上のスロットをあきらめるのが良いと思いますがw。

つまり、一番上のスロットは、ファンコントローラ、カードリーダーなど、奥行きが短いユニット専用と割り切る必要があります。

大きさ・重さも覚悟しておけ

内部のスペースが、ゆったりってことは、裏返せばサイズが大きいということ。

前回のエントリーでも触れたけど、一般的なミドルタワーの大きさじゃありません。
普通のミドルタワーとの比較で、二回りは大きくなります。

設置スペースはフルタワーよりも広めを覚悟しましょう。メーカーサイトからマニュアルがダウンロードできるので、サイズは要チェック!

そして、静音のため、剛性が高くなっていて、重いです。
パーツの搭載量にもよりますが、本体重量が10~15kgになってしまうので、ぎっくり腰方面の配慮も必要です。

ハイエンド×静音指向なら、おすすめの静音PCケース

乗り換え前が爆音だったというのもあって、体感で1/3くらいの静音化になりました。

わずかにファンの音がするくらいで、音楽を聴いていると、PCの存在を忘れます。
特にHDDがスリープして、SSDだけになってくると、よりいっそう静かになります。

foorbar2000で音楽を聴きつつ、ブログを書いている現在の状況。

冷却性能は、なかなか

ニコニコ動画や、Webブラウジングなど、負荷をかけないと、これくらいの温度に収まります。排気も、ほとんど暖かくないですね。
ちなみに、Chipset2はPCケース上面のファンです。

長めのグラフィックボードでのSLI化も余裕だし、静音のベースがしっかりしていて、コンフィグレーションの幅が広いので、ハイエンド×静音指向にマッチしたケースだよ。

と結論づけて、次回以降は細かいパーツのレビューを続けます。

ついったーはてなブックマークYahoo!ブックマークGoogleブックマークFaceBookDelicious@niftyクリップgooブックマークFC2ソーシャルブックマークlivedoorクリップBuzzurlShare

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://www.anylog.jp/silverstone-fortress-ft-02/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
SilverStone Fortress FT-02 from えにろぐ。
****** 19-03-25 (月) 1:40
このコメントは管理者の承認待ちです

Home > その他 > SilverStone Fortress FT-02

過去のブログをさがす
Photostream
すだちと、梅のワイン
すだちと、梅のワイン
いろいろな桜
いろいろな桜
ファブリス・ジロットのチョコレート
ファブリス・ジロットのチョコレート
満開の桜吹雪(2)
満開の桜吹雪(2)
Xbox360 ワイヤレスコントローラー
Xbox360 ワイヤレスコントローラー
上野公園、満開の桜
上野公園、満開の桜
サロン・デュ・ショコラ 伊勢丹アソート
サロン・デュ・ショコラ 伊勢丹アソート
BARNEYS NEWYORKのシューキーパー
BARNEYS NEWYORKのシューキーパー
ろうそく
ろうそく
メープルチュロッキー
メープルチュロッキー
RSS Feed
Tag Cloud
Pageviews 257,833

Return to page top