Home

えにろぐ。

ハクタク戦いってきました

やほー、Furuchinでございます。

フレのお手伝いでハクタク戦に行ってきました。

もちろん初めて、というかオプチカルハットというものの存在すら知らず・・・世間知らず+10か月のブランクって凄いですね!と思いました我ながら。

んでは、ハクタクさんどうぞ~。

ハクタク戦 状況開始!

あれれ、ビッグなスライムが現れましたが・・・ハクタクですか?これは?

うろ覚えですが、ハクタクって人語を話し、万象に通じているという獣だったような気がしますが、どうやってもこのスライム殿とは語らえそうにありません・・・。場所柄からスライムというチョイスなのかもしれませんが、・・・納得いくかーーーー!!1!

ボクちんは黒で参加。

ガ系がヤバイということで、ミッションはハクタクのガをスタンで止める役だそうで。

4人でスタン回しするため順番を決めてスタート。ボクちんは4番目にしていただきました。

結果、3戦3勝危なげない勝ちっぷりでしたが、ボクちんはスタン暴発×1、間違って古代に合わせた×1、ジャストミート×1ということで、課題が残りました・・・。

白を上げているのでメッセージフィルタをあまりかけていなくて、ログが流れすぎたということもあるので、フィルタ調整も必須かなーと思いました。


その後は白AF3を手伝っていただきました。

 

古墳での「タブナジアの呼び鈴」のカスドロップさに泣きそうになりなっていると、LSメンがどんどんお手伝いに来てくれまして、いつのまにかアラ組んで探すことに。

結局1時間以上かかって鈴をゲット、続いてフェ・インへ。

ヒャッホーイ!

続きは、フェ・インで

ここでクエNM Altedour I Tavnaziaと戦います。

次元殺で1000以上のダメージと聞いていたところ、実際には500~600くらいなのでそれほどの驚異とは感じませんが、ガを連発してくるのには参りました。しかもスタンで止まらないんですが、もしー?

ガ→次元殺をきめられると死人が出そうなイキオイですので、ケアルタンクに。
HPバーを真っ赤にしながらナントカクリア。ハクタクより強い気がするのですが、気のせい?

おかげであこがれのヒーラーブリオーをゲットできまして、あとはヒーラーミトンで闇の炎を取るだけです。

やっぱり白AFは良い!黒AFのゴキブリカラー、ジオング胴に比べると・・・うううーーーーーっ(男泣)

復活しました

オッス、オラFuruchin!

【クロウラーの巣】のコッファーから【こんにちは】

コッファーから、こんにちは

という訳で、紆余曲折ありましたが、またFFに戻ってきました。

なんちて、復活したのはもう1ヶ月近く前なのですが、BlogのID/PASSを忘却しまして・・・ううーーーっっ(号泣)

もともとFFに戻るキモチはあまりなく、10ヶ月ぶりにログインして各地をぶらぶらしてみるか~。

ぶらぶらしながら去就を考えればいいや~、と思っていたところ、フレからTellがありまして。

フレが次々やめていき、もうフレはいないと思っていたので、ボクちんおおはしゃぎ。その場のノリでこうして新しいパールをつけることになりました。

ちなみにこのLSは活気があるし、変な階級もないし、みんなのびのびしているので落ち着くことウケアイ。居心地イイです。

そんなボクちんがなにをしているかというと、巣で白を上げていたりしまして・・・げ、限界5・・・黒・・・6連・・・敗・・・(吐血)・・・、というような具合で、難易度の低い白で限界超えようとしているのはナイショったらナイショ。

いいわけじゃございませんが、白黒詩赤はカンストしたいなあと思っていて、順番の問題じゃよ?

仕事が忙しくて週3~4回くらいしかログインできませんが、適当に書いていくので4649~。ノシ

追伸:別のフレにMOEに誘われているので、MOE日記になる可能性も・・・

解約ナリ

いきなり解約したりしてしまいました。ギャフン。

代わり映えしないEQ2な毎日だったので、Blogにしたためてはいませんでしたが、いろいろなキャラクターを作っては、また別のクラスを試す、という事をしていました。

Blogでもご紹介したTempler、Troubador、Guardianだけでなく、Shaman、Brawlerなども育て、削除したキャラクターも含めると10キャラクターくらいを転々としていたとゆう・・・。

結局、サブクラスを選択したところくらいで、続きをやりたくなくなってしまっていたなあ、と回顧したりしています。

原因の一つはギルドシステムでした。

ご存じのようにEQ2のギルドは仲良し所帯ではなく、利害関係のあるシステムとなっています。

ですから、肌に合わないと抜けるとか、そういう事がしにくいのではないか?と思ったりして、数あるギルメン募集OOCに反応できませんでした。

さらに一つはAQ1。

AQ1はソロでは厳しいのですが(特にDPSの少ないGRD、TBDは)、このLvではまだGrp組むことも少なく知り合いも増えなくて、ギルドにも未加入ということで、知り合いに頼むこともできず、募集OOCしても人が集まらなかったのじゃよーうわーん。

最後はつまらないQuest。

全般的にQuestが味気なかったです。

確かに量も多いし、テキストも読めば興味深いものもたくさんあり、工夫しているなと思いました。

ががが、イベント用のグラフィックもなく、キャラクター性も薄く、印象に残りません。(何度もキャラを作り直したおかげで、QY側の低Lvクエストは覚えてしまいましたが)

決定的だったのは裏切りクエストでした。何となくやってみよう!と思ってやり始めましたが、ノールを500匹退治せよとの鬼指令に、ボクちんは、ボクちんは、うううーーー(号泣)。

そして200匹くらい犬退治したところで本格的に飽きてきて、そういえばマゾいと言われるHeritageクエストはどうなの?と思って情報サイトを見ましたら・・・(絶望)。

これ以外にも、××を50個集めるとか、○○を30匹倒すとか、楽しいのかそれは?という思いが先行し、Lvを上げるモチベーションがナッシングになりましたとさ。

他には・・・

グラフィックやモーションも良く作り込んであります。それは現在サービスインしているMMORPGでは屈指でしょう。

が、装備グラフィックがダサい・種類が少ない、たくさんモーションがあっても使いどころに困る、といったことで、良さを生かし切れていないと感じました。

意外に肌に合わなかったのは、移動中にチャットができない事でした。

せっかく組んだGrpなのに移動中は会話しづらいため、どうしても無口に。しかもEQ2はキャンプよりも移動狩りが多くて、なおさら無言に。黙々と狩りを続けるのを眺めながら、あんまり楽しくないよなあこれは・・・と痛感しました。

Furuchinにダメだしをもらったりしたのも残念といえば残念でした。

とはいえ、お金に優しい、クエストで経験・アイテムがどんどんもらえるシステムは、とても気に入っていました。仕事が忙しい時でも、ゆっくりプレイできそうでしたが、そもそも面白さが感じられないのでは、貴重な時間を割くのはもったいないなあ、というのが解約に至った等身大の感想です。

今後はFinalFantasyXIか、大航海時代onlineに出戻ろうかと思いつつ、FantasyEarthのβテストに応募したりなんかしたりなんかして。

ちなみに。

解約時に送信されてくるサンキューメールは、今までにいただいた中で屈指の丁寧な文章でした。とさ。

Furuchinは許さん!・・・あ、Puruchinもな。(by ■e)

こんばんは、ふるちんです。ヤケビールでBlogをしたためております。

ここ一週間、Bardにクラスチェンジしたショックで作ってしまったサブキャラ、Puruchinでテンプラーを目指してプレイしていました。

その間、次のUpdate13で修正される予定の空飛ぶ魚に見とれたり

空とぶ魚

クエにいそしんだり

クエにいそしむ

トレインったり

トレイン、トレイン、走ってゆけ

初BBを経験したり(入り口だけだけど)

初BB

裏マーケットに行ってみたり

裏マーケット

Templerクエをやったり

Templerクエ

鳥に乗ったり(フキダシの位置まずいような・・・。ちなみにLv19になって初めて乗りました。だって知らなかったんだもん・・・(恥))

鳥

Templerクエをクリアしたり

Templerクエ、クリア

Templerになったり

Templerになりました

していました。

とりあえず念願のTemplerになったのですが、LFGとか見るとTemplerを含むヒーラー職が余りまくっていて、一方でTank職が圧倒的に欠乏しているご様子。特にTSのOOCなどは、ほとんどTank職募集になっています。Tank職なんて花形クラスでしょうに、何故なのー?

そういえば、いままでTank職ってやったことなかったよねーと、FF11で同じLSの人も「後衛だけじゃなく前衛もやってみると参考になるよー」と言っていたっけと、興味本位でTank職試してみるかな?なんちて思ってFuruchinを作り直すことにしました。

おおっとその前に、お別れ記念のBard写真集をお送りします。

Bard写真集(1) Bard写真集(2) Bard写真集(3)

Bardって観点からすると、最後の太鼓は、絶対、どこか、違うだろ!って思うわけですが・・・。

で、新生ふるちんでございます!

新生ふるちん

宿屋のおかみさんにだけは、本音トーク炸裂です。毎度、キャラ作り直しているのは、結構反省してますってば・・・。

本音トーク

そんなFuruchinでしたが、ピートボグでクエmobを狩っていたところ、なんと突然GMからTellが。

何の用事かと思いましたら、こんな感じでした。

GMからTell

要約すると。

ま、ま、まさかFuruchinはダメですかー? ダメです

ひょっとしてPuruchinも? ダメだ、っつってんだろーが

改名しろや。とのお達しに、泣く泣くホーリーネームのFuruchin、Puruchinを手放すことに(涙)(号泣)。

だってだって、FF11でも、PSOBBでも、DAoCでも、EQ1でも、ずーーっとFuruchinだったですよ?

今まで歓迎されることはあっても、クレームいただいたことはなかったですよ?
ちょっとした、童心に立ち返った良い名前かと思うのですが、もしー?

とかゆっても、EQ2の運営は先日のDupeBan事件でもお分かりのように疑わしきは全員有罪的な対応のため、ぐだぐだ言っているとBanされかねないので、承諾することとしました。

では、おそらく本邦初公開と思われる、名前を変えられる瞬間をご覧ください。
反省座り中。

反省座り

こんな風に変わりました。

名前が変わる瞬間

GMは改名する時にログアウトされるからと、おっしゃっていましたが、そんなことはなくオンラインのまま変わりました。ちなみに公式サイトの検索でも即座に名前変更が反映されていました。どうやらマスターDBを直接修正する仕組みがあるようですね。

さらに、ちなみにFuruxというのは、すぐに代替の名前が思いつかなかったため、GMがつけた名前です。この後サポートチケットを発行して、改名していただきました。(このときは強制ログアウトになりました。仕組みがよく分かりません)

Furuchin → Wmew
Puruchin → Aicha

Wmewは「うみゅー」と読みます。種族がケラ=猫。猫の鳴き声といえば、meow、mewですが、両方ともすでに使われていたので、一ひねり?して「うみゅー」としてみました。

Aichaは■つながりで命名しましたが、元ネタが分かった方は、イイ歳したオッサンの可能性があるため、分からない振りをしておくのが吉。えー、ボクちんも分かんな~~~い(はあと)

という訳でMMORPG初の改名騒動で、たいへん残念な思いをしましたが、ある程度の覚悟はあったためしようがないか・・・の思いが強いです。今後はWmew、Aichaをよろしくお願いします。

ところで。

GMの対応ですが、とても丁寧で好感が持てました。あまりに丁寧すぎて慇懃ともとれなくもありませんでしたが、一つ一つ手順をふまえ、手続きもわかりやすく妥当なものでした。横柄な口ならどうしようかと思いましたが、円満解決っぽくまとまったので、気を取り直して頑張ることにします。

それよりも思ったよりファイターが面白く、Tank職なんてやったことないので、戦術・戦略を練らないとね、じゃっ!

あれ、Puruchinディスカー?

どうもみなさんコンバンハ。

ちょっとスカウトLv10転職クエNPCとイイ雰囲気のFuruchinでございます。

ロマンスの予感?

このあと熱い抱擁・・・って感じでございますが、こちとら仕事が忙しくてろくすっぽログインできやしませんよコンチクショー。

と腐っている訳にもいきませんので、さっそくBardに転職してみましょー。

とぅっ!

Bardに転職

で、Vemerik殿がおっしゃいますに、どこぞのBardがへたくそな演奏でお客様を怒らせてしまったらしい、ちょっと助けてこいやー、ん?との事。

んー、ダメですねえ、この過当競争のご時世、顧客品質をないがしろにしてはイケマセン。CSなくして明日なし。そりゃーもーリアル路頭に迷いますよ?路頭に迷うのはEQ2の中くらいにしとけやー、と南Qeynosに赴きますと・・・場所がどこだか分からなくて一軒一軒調べつくしてやっと見つけたという・・・。

WayPoint出ないんですかねえ・・・。

着きました。

抹殺ですか?

ていうか、あのー?もしー?

赤い枠で囲った人がへっぽこBard殿ですが・・・この方を救出=そこいらにたむろするLv表記のある方々を抹殺、という等式なのでしょうカ?しょうカ?

てっきりボクちんが、素敵な歌と踊りで場を和ませる、って思ってましたが、さすが一神教の狩猟民族の国発祥のゲームでございます、FreePortもQeynosも関係ねー!って雰囲気でまいっちんぐ。

ふー・・・死闘の末、倒しました。やったNeeee!

死闘の末

え?これ、初心者島の海賊だろがー!って?名前もPuruchinになってるやんけ!って?

・・・・・・、てへ。

あのね、あのね。これ知ってる?

これ知ってる?

Rousing Tuneてゆって、STR、STA、AGIのGroupBuffなんですが、Bard初のConcentrationBuffなのですね。きっと、さぞや素敵なメロディーが・・・(うっとり)・・・と期待していました・・・。

ところが、メロディーすら、ダンスアクションの一つもなく、Buffってくださりやがりまして、コンナノキイテNeeeeee!11!とふて寝しました。

なあ、宿屋の女将さん、人生つらいことばっかりだよねー・・・。

女将さん

というわけで、Clericにへんし~ん。

Clericにへんしん(1)

じょわっ!

Clericにへんしん(2)

ところで、TheCaveでLv12だから勝てるだろうと思って手を出したら、タマちゃん(ボクちん命名)が強くて強くて。Guardさんボスケテー!と泣きついたらGuardさんまで・・・(泣)。

じょわっ!

そしてアントニカ周遊へ。

FF11でいうところの天の塔?

Guardさん、ボスケテー!

んー、ビュリホー。

天の塔?

って、この後、骨にからまれて死にそうになりましたが・・・。

そんな訳で、今日もPuruchinは元気です。

やっと、500年後のノーラス

えっと、お久しぶりです、ふるちんです。

Qeynos クレイモアプラザ前からお届けします。

クレイモアプラザ前からお届けします

仕事がYaveeeeee!!1!1!くらいに煮詰まりまして、クローズドβはプリースト12歳になった直後に音信不通に。そしてEverQuest2サービスインのその日になって予約を忘れていたことを思い出す始末。

新境地の開拓は疲れますわね、お姉様・・・。

という訳で、やっとかえってまいりました、改めまして、ふるちんです。

改めまして、ふるちんです

前回より、ちょっとだけカスタマイズしました。髪の色とか。

いやーそれにしても参りましたよ。実際にプレイし始めてみると、WoodElfの多いこと、多いこと。

あまりにキャラかぶりすぎて、他のキャラクターにしようかと悩み悩んで、じゃあ作ってみるか!と作っては難民島でLv6まで上げては消し、を繰り返すこと10度を超え、やっぱWoodElfダ・ヨ・ネ・ー!と落ち着きました。

サーチかけてみるか、とジョブ分布を調べてみると、意外にHealer職が多いので、TemplerがTroubadorか悩んでいたボクちんは、不人気ジョブなのは承知でTroubador志望に転向しました。

よーし、これで「Buffってハニー!」とかぬかしながらBuffれますよ、はっはっは。

という訳で、恒例のファージャーニー号のパンモロ大会を・・・と思いましたが、ベストショットの1枚だけ。

おっと、申し訳ない

びっくりさせやがってー。はいいとして、何でコメントが「おっと、申し訳ない。」なんディスカー?もうちょっと怒るとか、すねるとか、恥ずかしがるとかしないんでしょうか?どうもこの人貞操観念が危機的状況のご様子・・・。

というわけで、これもお約束。

ガンダム、大地に立つ

こないだは「ふるちん大地に立つ」でしたが、今度はガンダムにしてみましたよ。

さらに難民島でGrp組んでOrcCaveやったり、海賊やったりとお決まりの観光コースをたしなみまして、最後に鮫10匹クエをやりました。ボクちんは終わらせていたので、Grpメンのお手伝いだったのですが、鮫がイイ感じのショットが撮れましたので、どうぞ。

サメがイイ感じ

もいっちょー。

サメを、もいっちょー

いやー、とても良い感じにトビウオってございます。

クローズドβでは家具が移動できないというバグに悩まされ、一切アーティザンとして活動していなかったので、まじめに生産しています。

まじめに生産

・・・んー、何というかLv上がったことが実感しづらいし、バッグが中間加工品であふれかえるし、スキルウインドウが無駄に大きいし、何だかなあ・・・という印象。しかしっ!

しかし、自分の銘が入るのはとても良いですねえ。

匠のブリキ製の小剣

Made by Furuchinですよ、Furuchin。性能はゴミですが、とても趣深いものがございます。

アーティザン8歳になり、コレクションも全部埋まったので、さらば難民島!

さらば、難民島!

そしてコンニチワQeynos!

コンニチワQeynos

とりあえず、ここからふるちんの冒険は始まっちゃったりしましたが、今後はBlogも更新し続けないとね。じゃっノシ

こんどこそ、ほんとうの、EverQuest2

GWはどう過ごそうかなあと思案していると、EverQuest2特設サイトでβテスター2次募集の告知を発見、応募、当選ということになりました。

当選したのは嬉しいのですが、応募してから1分も経たないうちに当選メールが届くのは「全員当選」ってことなのでしょうカ?

それはともかくも、祝・合格!ということで、さっそくプレイしてみました。

当初は1week trialをネタにしようかと思っていましたが、それはなかったことにして、日本語販でいってみたい。

まだ告知はされていないものの、ほぼ間違いなく正式サービスイン時にキャラクターデータが巻き戻ると思われます。なのですが、いつもは適当な名前でスタートしているボクちんも、EverQuest2は本命なのでホーリーネーム「Furuchin」で気合いのほどをアピールしてみました。

こんにちは、ふるちんです。

こんにちは、ふるちんです。

EverQuest2 Character Creationで60キャラくらい作ってみたボクちんの感想ですが、この髪型のWoodElfサイコー!が結論でした。てゆうか、この左右でくるっと巻いたこの髪型、めっさプリティーじゃよねー?

WoodElfはElfにしては地黒なので、この白髪がまた似合うとみた、ってことで。

Japan Beta 2

サーバは新設された「Japan Beta 2」をチョイス。

甲板からスタート

船上からスタートです。

EverQuest2は前作EverQuestから500年後の世界で、ノーラスの大地は荒廃し、ラクリンも木っ端みじんということで、難民が大量発生。その難民の一人としてスタートって訳です。

画面を見ると左上にチュートリアルメッセージが、日本語音声ガイダンスとともに表示されます。さらに左下のメニュー部分には赤い矢印がありまして、これが回転しながら、どこをクリックすべきなのか示してくれます。

これはこの船の上だけではなく、クラスを選択するとき、初めてGrpを組んだときなど、丁寧に説明してくれて、親切設計だよねーと実感。

よお

と、感心していたら、いきなりスカートのすそがーーーーーー!!!1!

パンチラを置いてきぼりにしてパンモロでございます。風をクロスシミュレーションで表現したい気持ちは分かりますが、風が強すぎやしませんか・・・うううーーー!(号泣)

開始1分でお嫁に行けない体になってしまいました・・・。冒険の危機の前に、貞操の危機があろうとは、世界初のMMORPGかもしれぬ、やるな、こやつ。

えっち

とりあえず、船長を問責。いまさら後ろ向いても遅いんじゃー。

船の上では話しかける、箱を開ける、売買する、戦闘する、と一通りのチュートリアルクエストが用意されています。クエストはクエストジャーナルで確認できます。

クエストジャーナル

洋ゲーRPGではおなじみの形式ですが、よく見ると右下に「ウェイポイント」というボタンがあります。

場合によってはこのボタンを使って、目的地までの道しるべが表示されるとのこと。いったい、お主、どこまで親切設計なのじゃよー?

あまりの親切設計に、GW10連休で最強に嬉しまったボクちんは、舳先で海の男を気取ってみた。

♪海はヨ~~~

日本男児でも、益荒男でもなんでもなく、ノーラスのWoodElf♀だったりするのは、とりあえず忘れました。

クエストを進めると今度はドラゴン襲来!ヤヴェーーーーー!!

ドラゴン襲来

という緊迫感あふれるシーンのはずが、またもやパンモロでだいなしに・・・。

Tunareの神よ、たすケテーーーー。
(Tunare:Elf産みの神様)

ドラゴンが飛び去って。

なんてことないですよ

「なんてことないですよ。」

そうだったのか、パンモロで貞操が危機だったのは、なんてことなかったのか。そうですか。

どうやら、ボクちんが一人でぎゃわーとか騒いでいただけっぽいですが、女の子は恥じらいnever forgetだと思いまちた。

そんなこんなで、いつものアレです。

ふるちん、大地に立つ

いつもは開始直後にやるのですが、今回はいきなり船上だったもので。

・・・ぎゃーーー、目の前にいるのは、ひょっとして「シャア専用ズゴッグ」!?

ちょっと待ってくだされ、こちとらようやく第1話なのに、それはあんまりの仕打ち。

とかいちいちつっこんでいると先に進まないので、次いってみよー。

クラス選択

上陸後、最初のクエストがクラス選択です。

最終的にTemplarかTroubadourのどちらかを目指すかのチョイスになりますが、ここはTemplarを目指し、Priestを選択。

異教徒には容赦ナッシング

島でゴブリン共を大殺戮。神に仕える者、異教徒には容赦ナッシングでございます。

それにしても美麗なグラフィック。使い古された言葉ですが「次世代」という言葉がよく似合います。

しかもモーションがカッキー!特にこの棍ですが、上から横から斜めから打ち下ろす、跳ね上げる、避けるといったモーションが豊富で、ダラダラ狩っているだけでもイイ感じです。

ちなみに髪型萌えのボクちんは常に/showhoodでフード被らないようにしています。

そろそろoocでゴブリン退治クエでも募ろうかと思っていたら、Tellでお誘いがあったので便乗することに。

Tellに便乗 ちょっと狭いんですが

ここが、ゴブリンのボスがいる洞窟。

画面に入りきっていませんが、全部で6体くらいいるご様子。どれから片づけていくか作戦会議中。

勝って部屋を物色中のGrpメン。

勝利後の物色

ボクちんは部屋中央の釜に上って見下ろしていたり。

ちなみにゴブリンボスクエは4人Grpは必要かと。できればPriestを1人入れておきたいところ。

PriestいなくてもフルGrpなら問題ないくらいかな。

EverQuest2でもですが、高いところに上れるようになっているところがあって、そこへ上るのが面白いのですね。

まるで人がゴミのようだ

こんなところから、「まるで人がゴミのようだ」なんて言ったらさぞや気持ちイイでしょうねえ。言いましたけども。

せっかくですから、ついでに骨クエやら海賊クエもこなしてGrp解散。

Grpのみなさん良い人ばかりで、とても楽しめました。他のMMORPGでは気づかれにくいセクハラネームもいきなり看破されたりして、ボクちんドキドキでしただ。またご一緒しましょうねー。

ちなみに骨クエはMelee2人で十分の難易度です。

が海賊クエはnamed mobが強すぎ。どんな構成でも4人以下では勝ち目がありません。

5人以上でPriest1名は必須といった印象です。Priestいなくてもなんとかなるかもしれませんが、タゲ回しがうまくいかないと事故る可能性もあるかと思います。

6人でPriestが1人いればガチ安定ですね。

解散したので、生産クエを終わらせようと思い、工房へレッツゴー。

工房へレッツゴー

ここではいすやベッドなんかを片づける訳ですが、Moveコマンドで持ち上げられるものの、それが下ろせません。しかたなくESCでMoveモードをキャンセルするしかありません。

英語版の1week trialではこんなことなかったのにー。仕方なくバグレポート送っておきましたが。

日本語版の感想。

+翻訳のクオリティはかなり良い(「アイアイサー」が「ようそろ船長」のような意訳もきっちり)
?日本語表示がおかしい(NPC名が変、グループクエストジャーナル表示が変など)
?英文・邦文がごちゃまぜ(低レベルクエでも英文が残っている)
?日本語入力トリガー問題(ATOKではトリガーONはalt+全角のみ)
プレイできないかというと、そうではないのですが、日本語版として胸を張れる出来では決してありません。初心者島ですらこの有様なのを考えると、DVDプレスや店頭手配などを考えて、あと1ヶ月でどこまでやれるのか、はなはだ疑問です。

おそらくは、正式サービスイン後もBigPatchを当てられず、当面ローカライズの完成度を上げる作業を強いられるのではないかとi think。

次回からはQeynos上京編の予定です。

Page 9 of 12« First...7891011...Last »

Home

過去のブログをさがす
Photostream
サロン・デュ・ショコラ 伊勢丹アソート
サロン・デュ・ショコラ 伊勢丹アソート
満開の桜吹雪(1)
満開の桜吹雪(1)
稲毛神社の御神籤
稲毛神社の御神籤
新緑
新緑
さくらさくら
さくらさくら
メープルチュロッキー
メープルチュロッキー
ファブリス・ジロットのチョコレート
ファブリス・ジロットのチョコレート
満開の桜吹雪(2)
満開の桜吹雪(2)
Xbox360 ワイヤレスコントローラー
Xbox360 ワイヤレスコントローラー
いろいろな桜
いろいろな桜
RSS Feed
Tag Cloud
Pageviews 455,581

Return to page top