Home > その他 > 新しい、自作PCを組んでみた

新しい、自作PCを組んでみた


Core i7-860

突然ですが、3年ぶりに自作PCを組んでみました。

自宅でPCに向かう時間の長い自分にとっては、いかにPCの環境を自分好みに快適できるかってのは、何物にも譲れない、最優先事項だったりします。Comfortable is priority!

最初に自作PCを組んでから、そろそろ20年近く。2~3年に一度、リニューアル・サイクルがやってきます。そんな今回、不満に思っていたのは次の3つ。

  1. うるさい
    オーディオマニアである自分が、PCオーディオへ舵をきろうとしていて、その割にPCが轟音。オーディオ・コンポーネントの充実とか言ってる場合じゃない。
  2. ニコニコ動画が重い
    ニコニコ動画の弾幕動画がコマ落ち。弾幕が濃いと2コマ/秒くらいに・・・
    Core 2 Quad Q6600+ATI Radeon 4750の構成だったので、もうちょっと粘るかと思ったけどね。
  3. メモリが足りない
    ゲームによるけど、メモリが4GBでは足りない。

これらを解決するために、新しいPCでの改善ポイントを絞って、レッツ・コンフィグレーション!してみたよ。今回から、数回のブログは自作PC関連のエントリーでお送りするよ!

まず、何をおいても最優先なのは静音化

一番の元凶はPCケース。SOLDAMALTIUM Xを使っていたんだけど、もうずいぶん古くて冷却に一番大事なエアフローが、ほとんど考慮されていないテイタラク。側面吸気→背面排気とか、ないわー。そりゃ、轟音でファン回しても、内部はホッカホカですわー。

今時、静音を謳ったPCケースは、どれもエアフローが考慮されていて、なかでも異質なのが、SilverStoneからリリースされているFortress FT-02

多くのPCケースが前面吸気→背面排気のところを、底面吸気→上面排気という斬新なスタイル。確かに暖かい空気は上へ流れるから、エアフローとしては自然。なるほど。

新旧PCケース比較

ただし、伊達にFortress=要塞という名前はついちゃいない。
ALTIUM Xとの比較は、こんな感じに。で、でかい。

重量も3倍くらいに増えていて、剛性も向上しているんだけど、さすがに大迫力。

FT-02については、いろいろと注意点もあるので、また今度エントリーを書きます。

続いて静音化の施策としては、ストレージの整理。

500GBなんかの中途半端な容量をHDDを、1台にまとめると静音になります。
何台もあると電源投入時のスピンアップなど、ノイズレベルが確実に上昇します。今回は2TBドライブ1台構成に変更。

そしてSSD。
今をときめく旬なデバイス。普段使うデータは、すべてSSDに格納し、HDDなどのスピンドルは一切回さない、というのが今回のコンセプト。特に、foobar2000takのオーディオ環境はSSD化して、音楽に集中できる環境を作ります。

コストパフォーマンスとスピードの黄金律

次は、ニコニコ動画でのコマ落ちですが、これは事前にコンフィグレーションへ織り込むのは難しいので、コストと相談しながら、相応のパーツを選択。ここで重視したのは、次の2つ。

  1. Flashのハードウェア支援が機能する
  2. グラフィックカードのレンダリングが早いこと

ということで、SLIは静音化に逆行するので、シングルカードで、バランスの良いATI Radeon 5850を選択。

システム全体のスピードを支配する、CPUもコスト・パフォーマンスを考慮してIntel Core i7-860に。

そしてメモリ。DDR3-1600+デュアル・チャネル構成に。DDR3世代になると、メモリの相性問題が大きくなってきているので、ブランドのセットメモリを8GB分。

という訳で、こんなシステムに

結局、コンフィグレーション・シートは、このように。

CPU Intel Core i7-860
M/B ASUSTeK P7P55D-E EVO
mem CFD Elixir W3U1600HQ-2G × 2
SSD Crusial RealSSD C300 CTFDDAC256MAG-1G1
HDD HGST HDS722020ALA330
G/C SAPPHIRE TOXIC HD5850 1G
BluRayD Lite-On IHES208
Power Sea Sonic Electronics Xseries SS-750KM
CPU Fan Scythe MUGEN∞2(無限2)リビジョンB
HDD Case NOVAC 3.5“SATA はい~るKIT 出し入れ楽太郎 NV-SR301B × 2

総額25万円を超えるコンフィグになったけど、流用するパーツが一つもないんだから、仕方がありません。ネットブックに換算して何台分とか、絶対に計算しちゃだめだw。

細かいパーツのレビューは、後日エントリーを書きます。

さっそく組んでみた

まず、静音に関しては体感で1/3程度に。音楽を聴き始めると、PCの存在感は、ほとんどなくなります。今まで、どんだけ爆音PCだったんだ?って印象がw。
静かだけど、エアフローの風量は十分にあります。グラフィックカード以外の拡張カードがなくなったし、なによりケースが大きくて、エアフローを遮るものがないのも大きい。

まずは、システム構成。

System Summary

簡単に、いくつかベンチマークを取ってみました。

まずは、CrystalMark。今時のベンチマークとしては微妙かもしれませんが。
最近のグラフィックカードではDirect 2Dのアクセラレーションが弱いので、極端にスコアが低いですね。

CrystalMark

つづいて、SuperPi。3355万桁がPentiumIIで12時間以内という当時からすると、演算能力が50倍。技術の進歩を実感。

SuperPi

そして、今回一番注目のSSD。SATA3.0の6GB/s接続は伊達じゃない早さ。(ちょっと512KのWriteが遅い感じもしますが)
OSの起動から何から、とにかく体感レベルで早さがわかるだけあって、HDDの比ではないスコア。がんばって組んだ苦労が報われました。

CrystalDiskMark

おまけ。Vana’diel Bench 3は、7,404でした。

ニコニコ動画も快適

ニコニコ動画の弾幕動画は、全画面でも、ほとんどコマ落ちしなくなりました。(こことか、ここで確認)

超重い、その一瞬だけ、ややコマ落ちっぽくはなるものの、それ以外はスムーズ。快適。

盛り上がっている動画ほど、こっちはコマ落ちで盛り下がるんだから、大きな不満だった訳ですが、見事に解消。逆に、なぜ今までの構成で、あんなにコマ落ちしていたのか?理解できません。

今のところ、難はありつつも、比較的満足度の高いリニューアルとなりました。
というのも、USBオーディオデバイスから、謎のプチノイズが発生するようになってしまったのが誤算だから。原因が不明なんだよなー・・・

次回以降のエントリでは、各パーツのレビューや、注意点などを解説します。

ついったーはてなブックマークYahoo!ブックマークGoogleブックマークFaceBookDelicious@niftyクリップgooブックマークFC2ソーシャルブックマークlivedoorクリップBuzzurlShare

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://www.anylog.jp/%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e3%80%81%e8%87%aa%e4%bd%9cpc%e3%82%92%e7%b5%84%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%bf%e3%81%9f/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
新しい、自作PCを組んでみた from えにろぐ。
pingback from SilverStone Fortress FT-02 | えにろぐ。 10-05-29 (土) 17:00

[...] 前回のエントリーでも触れたけど、一般的なミドルタワーの大きさじゃありません。 普通のミドルタワーとの比較で、二回りは大きくなります。 [...]

Home > その他 > 新しい、自作PCを組んでみた

過去のブログをさがす
Photostream
トレッキングシューズ
トレッキングシューズ
メープルチュロッキー
メープルチュロッキー
初音ミク
初音ミク
ファブリス・ジロットのチョコレート
ファブリス・ジロットのチョコレート
ろうそく
ろうそく
さくらさくら
さくらさくら
新緑
新緑
三渓園の竹林
三渓園の竹林
三渓園の、にゃんこ(1)
三渓園の、にゃんこ(1)
BARETTIの革靴
BARETTIの革靴
RSS Feed
Tag Cloud
Pageviews 124,489

Return to page top