Home > その他 > 「広告コピーってこう書くんだ!読本/谷川 雅計著」を読んだ

「広告コピーってこう書くんだ!読本/谷川 雅計著」を読んだ


広告コピーってこう書くんだ!読本/谷川 雅計著

本書は、アイデアの発想法や、コピーライティングの書き方などのテクニックには、あまり具体的に触れていない。

広告コピーを書く時の心構えを中心に書かれているので、この本を読んで広告コピーが書けるようになるかというと、そんなことはない。

だから、経験者が、もっといい広告コピーを書きたい!といった用途には、本書は役立たない。
(題名からして、広告コピーが書けるようになるような印象があるけれど、別のタイトルのほうが良かったと思う)

本書は、まだ広告コピーを書いたことはないけれど、これから書く可能性がある人に、オススメなのだ。

昨年から今年にかけて、広告媒体に元気がない中で、ネット広告が健闘をしている状況が続いている。
ネット広告は今後数年は拡大を続けていく予測があり、これからネット広告に携わる人も出てくるはず。
実は、本書は、そんな人にオススメだったりする。

本書で扱っているのは、広告代理店の大プロジェクトが中心なので、もっとセグメントの小さいネット広告というと、いささか場違いな印象もあるけれど、実際に読んでみると、心構えから導入している本書は、なかなか役に立つ。

例えば、筆者は広告コピーを100本書いてみようと、説く。
通常、ビジネス文書では100種類ものバリエーションを書くことはない。その発想で広告コピーを書いても、貧困な発想のまま書き始めてしまうかもしれない。

それでも闇雲に100本書いてみる?

といった時に、連想をベースにした発想が大事だと、具体例を挙げながら解説してくれる。
筆者は、第一線で活躍するコピーライターであり、具体的なのだ。とても分かりやすい。

筆者の思想として、うわべだけのコピーを批判し、つねに広告コピー(商品)を受け取る人のことを考えている。
「企画書だけうまくなってはいけない」と、戒めるのも、形よりも、中身を重視する姿勢からのもの。
筆者自らが体現者であり、説得力がある。

本書の後半は実例が豊富に挙げられている。
としまえんの史上最低の遊園地、キリンの生茶やラガー、新潮文庫のYonda?など。

中でも、新潮文庫のYonda?は、企画書が収録されていて、クライアントへのプレゼンテーションにも触れられるので、これから広告を企画する担当者には参考になるだろう。

本書を読んでも、広告コピーが書けるようにはならないけれど、大切な心を教えてくれる、そんな魅力が本書には、ある。

ついったーはてなブックマークYahoo!ブックマークGoogleブックマークFaceBookDelicious@niftyクリップgooブックマークFC2ソーシャルブックマークlivedoorクリップBuzzurlShare

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.anylog.jp/%e3%80%8c%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%93%e3%81%86%e6%9b%b8%e3%81%8f%e3%82%93%e3%81%a0%ef%bc%81%e8%aa%ad%e6%9c%ac%ef%bc%8f%e8%b0%b7%e5%b7%9d-%e9%9b%85%e8%a8%88/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
「広告コピーってこう書くんだ!読本/谷川 雅計著」を読んだ from えにろぐ。

Home > その他 > 「広告コピーってこう書くんだ!読本/谷川 雅計著」を読んだ

過去のブログをさがす
Photostream
さくらさくら
さくらさくら
トレッキングシューズ
トレッキングシューズ
新緑
新緑
満開の桜吹雪(2)
満開の桜吹雪(2)
三渓園の、にゃんこ(2)
三渓園の、にゃんこ(2)
BARETTIの革靴
BARETTIの革靴
三渓園の竹林
三渓園の竹林
稲毛神社の御神籤
稲毛神社の御神籤
サロン・デュ・ショコラ 伊勢丹アソート
サロン・デュ・ショコラ 伊勢丹アソート
奈良井宿の夕べ(2)
奈良井宿の夕べ(2)
RSS Feed
Tag Cloud
Pageviews 187,905

Return to page top